キラキラネームは親のエゴなんだと切実に思った

標準

山梨県に住む高校生が自分の名前を変更したというニュースがなんだか勇気と希望を与えてくれるようで心に残りました。
最近になり自分の名前のことをよく考えるようになったからです。

私の名前は普通の名前ですがひらがなです。ひらがなでも普通です。
子供の頃はありきたりの名前だし、個性もなくしかもひらがななのでなんとなくつまらない名前だと思っていました。
でも大人になった今は年齢を重ねても違和感はないし、ひらがななのも可愛くていいなと思っています。

さて、この高校生の名前は「王子様」。
個性的過ぎるしさぞ不便な思いをしたことでしょう。
可愛い我が子に本気で名付けた親御さんの気持ちは少し理解しがたいですが、何よりもお子さん自身が堂々と改名を公表したことが素晴らしいなと感心したのです。

王子様君自身がとても良い子だったからこそお友達にも恵まれていたこと、知らない人に名前を笑われたりしても強く生きてきたこと、テレビで顔を出して改名のことを公表したこと、今は改名してしまったけど「王子様」と呼ぶにふさわしい人柄だったことがうかがえます。
もちろん、ご本人は苦労されたので改名を希望したわけですけどね。

そして最も高感度があがったのが、改名した名前が「肇」だったこと。今どきの若い子には珍しい、どちらかと言えば古風な名前にしたことです。
尊敬する僧侶から「肇」という名前をもらい同じく尊敬する経済学者の河上肇氏からその漢字をあてたという理由も素晴らしい。本当にしっかりした子です。

今回公表したのもキラキラネームに悩む子供たちに改名ができるということを知らせたかったそうです。そして親御さんたちにお子さんに本当によく考えて名前をつけて下さいとも言っています。この肇さんのお母さんも決してふざけてつけたわけではないですが、もっと視野を広く持って考えた方が良かったですね。

この動画で本当の虐待知った人も居るのでは

標準

虐待動画がニュースによって流されている。母親がまだ幼稚園児を蹴ったり踏みつけたり
した物です。中学生の兄がスマホで録画したもので実際に録画中に母親にみつからなかったのかと心配になる映像です。

色々な意見が出ている様だがこれはやってはいけない事が前提だと思います。
「子供がかわいそうだが、母親の気持ちもわかる」と言うコメントが載っていました。気持ちがわかっても駄目ですね。今まで虐待と言う言葉は知っていても何処までが虐待なのか知らない人の方が多かったのではないかと思います。

最近は虐待と言う言葉をよく聞く様になりましたが、昔は厳しいとかしつけとか言っていて顔をたたいたり夜中に外に出したりしてました。近所でも見かけた光景でした。今は虐待と言って父親と母親が何を思っているのか分からない時代なのでしょうか。記事の中には母親も追い詰められている、怒りをコントロール出来ないとか書いてありました。フリーアナウンサーの名前も出ていましたが、ちょっと違うのではと言いたいですね。昔母親、父親今で言うおじいちゃんおばあちゃんは怒りをコントロールしてきているはずです。

此の母親は時折逆上していた様で、度々長男が近所に助けを求めていていましたがやはり他人事なのでしょう。また、ここでも児童相談所の対応の悪さが出ています。此れだけ騒がれているのに何故ねと言いたくなります。事が起きて初めて謝罪して今後は、此ればかりです。やはり他人事としか思えない、今回ケースで一番心を痛めていたのは弟もそうですが中学生の長男ではと思います。母親が切れた時にどれだけ嫌な気持ちになっていたかと思うと心が痛みます。今回は蹴ったり踏んだりの動画ですが熱湯を掛けたりする動画などで無い事を願っています.

24時間営業って・・・

標準

セブンイレブンのオーナーさんが、夜中の1時から6時まで店を閉めていたことで本部から違約金を請求されて、問題になっていましたね。

確かに私たち客の立場からすれば、24時間必ず開いているという安心感は大きいですが、それなら夜中の1時から6時までに頻繁にコンビニを利用するのか、開いていなければ困るのかと言われれば、そうでもなかったりします。
オーナーさんの苦渋の選択も理解できますし、24時間営業を再開しても違約金1700万円を請求されるなんて、本当にお気の毒です。
コンビニ業界のブラックな状態が明るみに出たことで、ブラックな働き方や過労死の問題が解決に向かっていくとよいのですが・・・。

今回のニュースで、以前、インドネシアに長期滞在していたときのことを思い出しました。
20年ほど前の話ですが、当時はまだインターネットも携帯電話も普及しておらず、滞在していた街の宿には電話もありませんでした。
そこで、どこで電話をかけるかというと、WARTELという電話やファックスを数台そなえた店舗で使用料を払ってかけるのが普通でした。

外国人にとっては、時差のために夜中に電話をかけたい人もいますし、緊急の連絡をとりたい場合もあります。
ほとんどのWARTELは夜8時ごろには閉まってしまうのですが、ある一件には「24時間OPEN」と貼紙がしてありました。

そこである夜その店舗へ行ってみると、シャッターが半分以上下りていたのです。
中をのぞいてスタッフに、「閉まってるの?24時間営業とあるのに」と言うと、中で寝転んでいたスタッフが「シャッターは閉めてるけど大丈夫、ガンガン叩いてくれれば開けるから」と・・・!!

なんともゆるい感覚に、返す言葉もありませんでした。

日本もこれくらいお互いがゆるくなれれば、ブラック営業になる必要もなくなるのかもしれません。