キラキラネームは親のエゴなんだと切実に思った

標準

山梨県に住む高校生が自分の名前を変更したというニュースがなんだか勇気と希望を与えてくれるようで心に残りました。
最近になり自分の名前のことをよく考えるようになったからです。

私の名前は普通の名前ですがひらがなです。ひらがなでも普通です。
子供の頃はありきたりの名前だし、個性もなくしかもひらがななのでなんとなくつまらない名前だと思っていました。
でも大人になった今は年齢を重ねても違和感はないし、ひらがななのも可愛くていいなと思っています。

さて、この高校生の名前は「王子様」。
個性的過ぎるしさぞ不便な思いをしたことでしょう。
可愛い我が子に本気で名付けた親御さんの気持ちは少し理解しがたいですが、何よりもお子さん自身が堂々と改名を公表したことが素晴らしいなと感心したのです。

王子様君自身がとても良い子だったからこそお友達にも恵まれていたこと、知らない人に名前を笑われたりしても強く生きてきたこと、テレビで顔を出して改名のことを公表したこと、今は改名してしまったけど「王子様」と呼ぶにふさわしい人柄だったことがうかがえます。
もちろん、ご本人は苦労されたので改名を希望したわけですけどね。

そして最も高感度があがったのが、改名した名前が「肇」だったこと。今どきの若い子には珍しい、どちらかと言えば古風な名前にしたことです。
尊敬する僧侶から「肇」という名前をもらい同じく尊敬する経済学者の河上肇氏からその漢字をあてたという理由も素晴らしい。本当にしっかりした子です。

今回公表したのもキラキラネームに悩む子供たちに改名ができるということを知らせたかったそうです。そして親御さんたちにお子さんに本当によく考えて名前をつけて下さいとも言っています。この肇さんのお母さんも決してふざけてつけたわけではないですが、もっと視野を広く持って考えた方が良かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です