「もの」を大切にすること

標準

今日も目覚まし時計を4個かけて、ようやく目が覚めました。
目覚まし時計のスヌーズ機能のおかげで、目覚まし時計を停めてからもう一度寝てしまい、そのまま起きずに遅刻ということはなくなったと思うのですが、「スヌーズ機能があるから大丈夫」という妙な安心感につながり、かえってすっきりとした目覚めからは遠ざかっているような気がします。

今日もそんな、泥沼の中から這い出るかのように起きてテレビを点けると、泥まみれの体に冷水を浴びせられるような衝撃的なニュースが飛び込んできました。なんと、フランスのパリの中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生したというのです。

私は、パリには行ったことがありません。けれども、10年ほど前に、とある縁で、フランスのパフォーマーの方たちと芝居をしたことがあります。その方たちは、ジュヌビリエというところの方たちなので、今パリにいるのかは分かりませんが、きっと心を痛めているであろうことは想像に難くありません。日本人で言うと、金閣寺や銀閣寺などのシンボル的なものが被害にあうということだし、それに、宗教的にもその建物への敬意や畏怖の念をもっていることでしょう。

今、我が家では断捨離に励んでいるところで、ものはいつまでもあるものではないという前提で動いています。ものよりも、経験を大切にして、思い出はものではなくて体の中に蓄積するという発想です。けれども、こういったニュースを見ると、その思想について揺らぐのを感じます。歴史的な建物という「もの」が被害を受けることに衝撃を受けるし、そのことで心を痛める人も大勢います。そのことを思うと、ものに対する思いも大切だし、尊いのではないかと感じるのです。

このニュースは、思わぬ考えるきっかけを与えてくれました。

虜になるとはこういうことか

標準

そういえばハロープロジェクトのひなフェス、2019年3月30日に私の大・大・大好きな鞘師里保ちゃんが出演していたのです。
2015年12月の彼女の卒業以降、しばらく、モーニング娘。から離れていたので、ネットニュースで彼女の1日限りの復活を知りました。
それから、久しぶりにYouTubeで彼女の動画をみたら、また彼女の虜にされてしまったのです。恐ろしい。

やるべきことは沢山あるのに、彼女の動画ばかりみてしまって、はかどらない。
だけれども、彼女をずっとみていたいのです。
女の私が女の子にハマって「いつまでもその成長をみていたい」と思うのです。

私が彼女の魅力に最初にハマったのは、2012年にYouTubeでモーニング娘。の記念すべき50曲目の楽曲、『One・Two・Three』のMVを見た時からです。
まず、楽曲がテンポもノリもよくて素晴らしいこと、フォーメーションダンスがすごいことに驚きました。
繰り返しみる度に、中毒に罹ったようにみることを辞められなくなりました。

会社員になってから、4年目で彼氏もおらず、実家でごろごろしながら、スマホの電池がなくなるくらい、何度も繰り返しMVをみていました。
そして、ある、ひとりの女の子の虜になったのです。それが鞘師里保ちゃんでした。
イメージカラーの赤を身にまとい、モーニング娘。に加入してから若干1~2年なのに、センターで歌い踊る彼女のスター性に心が奪われたのだと思います。
ダンスが得意な彼女のためともいえる、つんくさんによるテクノ調の曲とフォーメーションダンス!
なんだか、スターダムへあがる彼女をみれているワクワク感を感じました。

彼女の卒業以降、定期的に彼女の近況が更新されていないかチェックをしていましたが、3年ぶりに元気な姿をみせてくれて、ホッとしました。
そして、また彼女の魅力の虜になってしまい、動画から離れられなくなりました。
特別美人でもないけれど、こんなに目が離せないのはなんなのでしょうか。ずっとみていたいのです。
ほそぼそとでもいいから、芸能活動をしていってほしいです。
そしたら、今度は生の鞘師里保ちゃんに必ず会いにいきたいと思います。

新元号

標準

今日は友達と渋谷へ買い物に出かけた。
ある程度買い物を済ませお昼を食べていると友達が新元号の「令和」についての話題を振ってきた。
平成もあと1ヶ月しかないのか、Hey! Say! JUMPなんかは名前がどうなっちゃうんだろう、なんて話をした。

昼食を取り終わったあと帰宅しテレビをつけてみるとまた令和のニュースがやっていた。
どのチャンネルをつけても令和の話題で持ち切りである。
テレビをボケっと見ながら他にやることもないので令和について色々と考えてみた。

まず令和の字体を見た時の第一印象について。なんだかよく分からないが「令」の字にスマートな感じの印象を抱いた。
「和」に対してはまさか昭和の和と被るとはと少し驚きを感じた。2文字総評してみるとなかなか悪い感じはしない。
この令和は万葉集から取られたらしく、新元号が発表されたあと万葉集も売れ行きが急に伸びたらしい。

テレビを見ていると令和以外の元号の案も報道されていて「令和」のほかに、「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほう)」などがあったらしい。
確かにこの中だと令和が一番いいかもしれない。
これは個人的な意見だが、ほかの案はどこか古い感じがする。

平成が終わるまであと約1ヶ月。
元号が令和になった瞬間なにか特別なイベントが起こるのだろうか。
渋谷のセンター街あたりで大騒ぎする人達がまた現れるのだろうか。

令和は漢字だけ見ると名前に使われてそうだから自分の子供に「令和」とつける人がいるんだろうか、など思っていた。
どこか新元号になる瞬間を楽しみにしている自分がいる。
きっと4月30日は大晦日みたいに夜中まで起きているだろうなあと思った。

新しい時代が始まる!

標準

新元号の発表は、まだ何もわかってはいないだろう娘と一緒に見ていた。
「令和」という文字が発表されたときに、「おおー!五月からは平成じゃなくて令和になるんだって!」
と娘に言うと、「ふーん・・・。もうブロックで遊んできていい?」と冷めた言葉。まあ当たり前か。
引用が万葉集であることに一人なるほど・・・と感心して、さあ、首相の話も聞こうじゃないかと思って意気込んでいると、
「ママー、テレビさ、つまんないから消してさ、早くお昼ごはんたべようよー!」
とまたしても冷めた娘。
私は首相の説明を見ることなくテレビを消して、焼きそばを食べたのだった。
意気込んで見ようとしていた首相の姿は、夜、あーだこーだと言いながら夫とニュースで見た。
当たり前なのだ。
私だって昭和生まれだが、昭和から平成に変わったときのことを全く覚えていない。
小渕さんが平成と書かれた紙を掲げている映像は知っている。知っているがそれは後からインターネットで見て知っているだけ。
平成が当たり前、で育った世代である。
もしかしたらかつての母と私も、今日の私と娘のようなやり取りをしていたかもしれない。つまんないニュースより、遊ぼうよ、ご飯食べようよ、と。
そして、私の娘は同じように「令和」が当たり前だと思ってこれから育っていくのだ。
五月から新しい元号が始まる。
娘の生活も私の生活も、夫の仕事も特に変わることはないだろう。
しかし、元号は変わり、娘は令和という言葉に違和感を持つことがないまま成長していく。
どうかこれから始まる令和の時代は、娘がのびのびと育ち、大人になっていくことのできる時代になって欲しい。私ものびのびと子育てをして、楽しい老後を過ごしたい。
そして、次の元号になるとき。そのときも、天皇ご逝去にともなうものではなく、今回のようなお祝いムードで会って欲しいなと思う。

「満開」になるといいな

標準

先日、主人と地元の桜の名所に行きました。街をぶらぶら歩いていたら、偶然そこに差し掛かったため、「せっかくだから寄ってみよう」となったのですが、桜はまだまだ一部から二部咲きといったところでした。

けれども、休日だったためか、観光客の多いこと多いこと。皆、まだまだかたいつぼみの多い桜の木を写真におさめていました。

「桜の開花宣言が出たのに、全然咲いてないなあ」とがっかりしてしまったのですが、よく考えたら、それもそのはず。「開花宣言」は標本気で5~6輪以上の花が咲いた状態が基準だそうなので、けして「満開」の状態をお知らせするものではないのでした。
がっかりしたけれど、そのことを改めて知ることができて、ちょっと賢くなった気分でした。

せっかく名所に来たので、一通りぐるりと歩くことにしました。最近、主人が健康診断で少しやせるように注意されたばかりなので、ウォーキングも兼ねて、景色を眺めながら歩きます。
すると、小さい女の子をつれた若いパパさんと、その少し前を歩く若いママさんの家族連れがいました。
ママさんはまだ1歳くらいの赤ちゃんを抱っこしていて、見た目にも、ぐったりとお疲れなのがよく分かりました。
けれども、女の子は元気いっぱい、ママさんにちょっかいを出そうとちょろちょろ走り回ります。それを見かねたパパさんが女の子の手を取り「ママは疲れてるから、そっとしておいてあげようね」と諭していました。

それを見て、思わず主人に「いいパパさんだね」と言ったところ、主人曰く「あれはきっと、パパさんが何かやらかして怒らせたんだ」とにやり。思わず「なるほど」と感心したのでした。

その若い家族にも、満開の桜が咲くといいねえと思ったのでした。

キラキラネームは親のエゴなんだと切実に思った

標準

山梨県に住む高校生が自分の名前を変更したというニュースがなんだか勇気と希望を与えてくれるようで心に残りました。
最近になり自分の名前のことをよく考えるようになったからです。

私の名前は普通の名前ですがひらがなです。ひらがなでも普通です。
子供の頃はありきたりの名前だし、個性もなくしかもひらがななのでなんとなくつまらない名前だと思っていました。
でも大人になった今は年齢を重ねても違和感はないし、ひらがななのも可愛くていいなと思っています。

さて、この高校生の名前は「王子様」。
個性的過ぎるしさぞ不便な思いをしたことでしょう。
可愛い我が子に本気で名付けた親御さんの気持ちは少し理解しがたいですが、何よりもお子さん自身が堂々と改名を公表したことが素晴らしいなと感心したのです。

王子様君自身がとても良い子だったからこそお友達にも恵まれていたこと、知らない人に名前を笑われたりしても強く生きてきたこと、テレビで顔を出して改名のことを公表したこと、今は改名してしまったけど「王子様」と呼ぶにふさわしい人柄だったことがうかがえます。
もちろん、ご本人は苦労されたので改名を希望したわけですけどね。

そして最も高感度があがったのが、改名した名前が「肇」だったこと。今どきの若い子には珍しい、どちらかと言えば古風な名前にしたことです。
尊敬する僧侶から「肇」という名前をもらい同じく尊敬する経済学者の河上肇氏からその漢字をあてたという理由も素晴らしい。本当にしっかりした子です。

今回公表したのもキラキラネームに悩む子供たちに改名ができるということを知らせたかったそうです。そして親御さんたちにお子さんに本当によく考えて名前をつけて下さいとも言っています。この肇さんのお母さんも決してふざけてつけたわけではないですが、もっと視野を広く持って考えた方が良かったですね。

この動画で本当の虐待知った人も居るのでは

標準

虐待動画がニュースによって流されている。母親がまだ幼稚園児を蹴ったり踏みつけたり
した物です。中学生の兄がスマホで録画したもので実際に録画中に母親にみつからなかったのかと心配になる映像です。

色々な意見が出ている様だがこれはやってはいけない事が前提だと思います。
「子供がかわいそうだが、母親の気持ちもわかる」と言うコメントが載っていました。気持ちがわかっても駄目ですね。今まで虐待と言う言葉は知っていても何処までが虐待なのか知らない人の方が多かったのではないかと思います。

最近は虐待と言う言葉をよく聞く様になりましたが、昔は厳しいとかしつけとか言っていて顔をたたいたり夜中に外に出したりしてました。近所でも見かけた光景でした。今は虐待と言って父親と母親が何を思っているのか分からない時代なのでしょうか。記事の中には母親も追い詰められている、怒りをコントロール出来ないとか書いてありました。フリーアナウンサーの名前も出ていましたが、ちょっと違うのではと言いたいですね。昔母親、父親今で言うおじいちゃんおばあちゃんは怒りをコントロールしてきているはずです。

此の母親は時折逆上していた様で、度々長男が近所に助けを求めていていましたがやはり他人事なのでしょう。また、ここでも児童相談所の対応の悪さが出ています。此れだけ騒がれているのに何故ねと言いたくなります。事が起きて初めて謝罪して今後は、此ればかりです。やはり他人事としか思えない、今回ケースで一番心を痛めていたのは弟もそうですが中学生の長男ではと思います。母親が切れた時にどれだけ嫌な気持ちになっていたかと思うと心が痛みます。今回は蹴ったり踏んだりの動画ですが熱湯を掛けたりする動画などで無い事を願っています.

24時間営業って・・・

標準

セブンイレブンのオーナーさんが、夜中の1時から6時まで店を閉めていたことで本部から違約金を請求されて、問題になっていましたね。

確かに私たち客の立場からすれば、24時間必ず開いているという安心感は大きいですが、それなら夜中の1時から6時までに頻繁にコンビニを利用するのか、開いていなければ困るのかと言われれば、そうでもなかったりします。
オーナーさんの苦渋の選択も理解できますし、24時間営業を再開しても違約金1700万円を請求されるなんて、本当にお気の毒です。
コンビニ業界のブラックな状態が明るみに出たことで、ブラックな働き方や過労死の問題が解決に向かっていくとよいのですが・・・。

今回のニュースで、以前、インドネシアに長期滞在していたときのことを思い出しました。
20年ほど前の話ですが、当時はまだインターネットも携帯電話も普及しておらず、滞在していた街の宿には電話もありませんでした。
そこで、どこで電話をかけるかというと、WARTELという電話やファックスを数台そなえた店舗で使用料を払ってかけるのが普通でした。

外国人にとっては、時差のために夜中に電話をかけたい人もいますし、緊急の連絡をとりたい場合もあります。
ほとんどのWARTELは夜8時ごろには閉まってしまうのですが、ある一件には「24時間OPEN」と貼紙がしてありました。

そこである夜その店舗へ行ってみると、シャッターが半分以上下りていたのです。
中をのぞいてスタッフに、「閉まってるの?24時間営業とあるのに」と言うと、中で寝転んでいたスタッフが「シャッターは閉めてるけど大丈夫、ガンガン叩いてくれれば開けるから」と・・・!!

なんともゆるい感覚に、返す言葉もありませんでした。

日本もこれくらいお互いがゆるくなれれば、ブラック営業になる必要もなくなるのかもしれません。